読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

されど低糖質な日日

~Ⅱ型糖尿病患者のありふれた日常~

日本の主要コーヒーチェーン20のなかで僕の好きなチェーン店ベスト5

糖質制限をしていると、外出先での飲み物といえば、僕の場合水やお茶を別にしてほぼコーヒー一択。なので疲れてちょっと一休みしたいときには、迷わずコーヒーチェーン店に入るわけだが、もともとコーヒー大好きなのでそれでもいっこう困らない。その日の気分によって、あるいは場所柄とか、近くにどんなチェーン店があるかによって、入る店は毎回異なる。もちろん定番のコーヒー(ブレンドやアメリカン)一杯の値段も、当然その店を選ぶ理由と無関係とはいえない。

f:id:roshi02:20160311222404j:plain

職場や仲間内で、そんなコーヒーチェーン店のどこが安いとか美味しいとか、ゆっくりくつろげるかとか、タバコの煙が気になるとか、あそこはどこそこの傘下だとか系列だとか、そういう話題がときどき出てきて、どうりで味が同じだと思ったなどと、コーヒーの味などたいしてわかりもしないくせに、互いに聞きかじりの薀蓄を披歴し合うのもまた楽しいのだ。

そこで暇だったのでコーヒーチェーン店のコンセプトやイメージ、定番コーヒー一杯の値段、系列などを少し調べてまとめてみた。マックやコンビニや自販機では100円で一杯のコーヒーが手軽に飲める時代になぜ、僕は(僕らは)その2倍や3倍、ときにはそれ以上ものお金を払ってまで、わざわざコーヒーチェーン店に入るのだろうか。ふと沸き起こるそんな疑問に答えるべくヒントが、あるいは見つかるかもしれないと思った。

ドトールコーヒーグループ

◆ドトールコーヒーショップ

コンセプト/イメージ:日本最大の店舗数

定番コーヒー:ブレンドコーヒーS ¥220

親会社など:ドトール日レスホールディングス

一口メモ:とにかくどこにでもある。必然的にいちばん利用率が高いのがこのコーヒーチェーン店ですね。手軽で安いし。古い店舗は狭くて窮屈なところが難点で、そういう場所では長居できないかも。定番のミラノサンド、どれだけ食べたことか。

公式サイト:https://www.doutor.co.jp/dcs 

f:id:roshi02:20160307222029j:plain

 

◆エクセルシオールカフェ

コンセプト/イメージ:ワンランク上のドトール

定番コーヒー:コーヒーS ¥300

親会社など:ドトール日レスホールディングス

一口メモ:個人的にあまり利用率が高くない。手軽さや値段で選ぶならドトールを、おしゃれ度ならスタバやタリーズをチョイスすることが多い。ただし有楽町の国際フォーラム内にある(写真の)店舗はたまに利用する。案外空いてることが多いので。

公式サイト:https://www.doutor.co.jp/exc/

f:id:roshi02:20160307222055j:plain

 

◆カフェコロラド

コンセプト/イメージ:ドトール最初のフランチャイズ

定番コーヒー:コロラドブレンド ¥440

親会社など:ドトール日レスホールディングス

一口メモ:おそらく現在のドトールグループにあって、いまのままの業態でコロラドが面白いチェーン展開を見せるというのは考えにくいが、案外こういう昔ながらの喫茶店風のカフェの方が長居できて落ち着くという人はいるから、すぐにどうこうとはならないでしょう。でも料金のことを考えたら僕ならふつうにドトールに入るけどね。

公式サイト:https://www.doutor.co.jp/col/

f:id:roshi02:20160401194926j:plain

 

◆ル・カフェ・ドトール

コンセプト/イメージ:ドトールの最高級ブランド

定番コーヒー:ブレンドコーヒー ¥450

親会社など:ドトール日レスホールディングス

一口メモ:銀座4丁目交差点という最高急な立地条件にあるオープンテラスのおしゃれなカフェ(ここを含め国内に3店舗しかないレアなチェーン店)。外国人の観光客が長い足を組んでコーヒーを飲んでいる光景をよく目にしますね。

公式サイト:https://www.doutor.co.jp/lcd/

f:id:roshi02:20160307222134j:plain

 

◆星乃珈琲店

コンセプト/イメージ:ハンドドリップコーヒー

定番コーヒー:星乃ブレンド ¥400

親会社など:ドトール日レスホールディングス

一口メモ:厳密にいえば運営はドトールではなく日本レストランシステムだが。大きく分類すれば同じグループ内ということで。

公式サイト:http://www.hoshinocoffee.com/

f:id:roshi02:20160307222151j:plain

 

シャノアールグループ

◆シャノアール

コンセプト/イメージ:フルサービス方式の喫茶店

定番コーヒー:ブレンドコーヒー ¥310

親会社など:シャノアール

一口メモ:僕のなかではルノアールと名前が似ているというだけのチェーン店。昔ながらの喫茶店とカフェの中間的な位置づけ。中途半端といえば中途半端。

公式サイト:http://chatnoir-company.com/

 

◆カフェ・ベローチェ

コンセプト/イメージ:定価格設定

定番コーヒー:ブレンドコーヒー ¥190

親会社など:シャノアール

一口メモ:とにかく安いのがありがたい。どこも店内はわりと広め。なので個人的に利用率が高い。難点は探しているときはなかなか見つからないが、探してないときはよく目にするところ。

公式サイト:http://chatnoir-company.com/chatnoir/html/brands/brands_veloce.html

f:id:roshi02:20160307223950j:plain

 

 

独立系カフェチェーン

◆サンマルクカフェ

コンセプト/イメージ:チョコクロ(チョコレートをクロワッサン生地で包む)

定番コーヒー:ブレンドS ¥200

親会社など:サンマルクホールディングス

一口メモ:パフェやデザートの種類が豊富。焼きたてパンが味わえる。

公式サイト:http://www.saint-marc-hd.com/cafe/

f:id:roshi02:20160307222358j:plain

 

◆プロント

コンセプト/イメージ:昼はカフェ 夜はバー

定番コーヒー:ホットコーヒーレギュラー ¥240

親会社など:サントリーとUCC上島珈琲が共同出資

一口メモ:糖質制限をはじめる前はよくお昼をここのパスタやサンドイッチで済ませていた。パスタのメニューが豊富。

公式サイト:http://www.pronto.co.jp/

f:id:roshi02:20160307222411j:plain

 

◆カフェ・ド・クリエ

コンセプト/イメージ:いっぱいのしあわせ

定番コーヒー:ブレンドレギュラー ¥260

親会社など:ポッカサッポロフード&ビバレッジ

一口メモ:季節感のあるメニューと豊富なフードが魅力。

公式サイト:http://www.pokkacreate.co.jp/

f:id:roshi02:20160307222422j:plain

 

◆べックス・コーヒーショップ

コンセプト/イメージ:駅カフェ

定番コーヒー:ブレンドコーヒーS ¥230

親会社など:JR東日本

一口メモ:駅ナカもしくはほとんど駅に隣接してあるから超便利なのだ。まるでJR線のホームにある立ち食い蕎麦屋さんみたいな存在のコーヒースタンド。もっともあまり利用する機会はないですが。

公式サイト:http://www.jefb.co.jp/becks/

f:id:roshi02:20160325233958j:plain

 

喫茶店風コーヒーチェーン

◆珈琲館

コンセプト/イメージ:炭火珈琲

定番コーヒー:珈琲館ブレンド ¥420

親会社など:UCC上島珈琲

一口メモ:個人的にはスポーツ新聞を読みながら休日のモーニングというイメージがあるんだけどなあ。というか、僕がかつてよくそうしていた。

公式サイト:http://www.kohikan.jp/

f:id:roshi02:20160318081146j:plain

 

◆上島珈琲

コンセプト/イメージ:ネルドリップコーヒー

定番コーヒー:ネルドリップブレンドS ¥360

親会社など:UCC上島珈琲

一口メモ:落ち着いた大人の雰囲気。(うちのカミさんがいうには)黒糖ミルク珈琲や豆乳ミルク珈琲などが美味しいらしいのだが、残念ながら僕は飲んだことがない。

公式サイト:http://www.ueshima-coffee-ten.jp/

f:id:roshi02:20160311222454j:plain

 

◆喫茶室ルノアール

コンセプト/イメージ:都会のオアシス

定番コーヒー:ルノアールブレンド ¥580

親会社など:キーコーヒー

一口メモ:値段はさすがに高いけど、日本茶とおしぼりのサービスがつく。客の年齢層も若干高め。このあたりの差別化が逆に成功している鍵かもと思う。だいたい駅前の一等地にあるし。

公式サイト:http://www.ginza-renoir.co.jp/renoir/

f:id:roshi02:20160307222452j:plain

 

◆ミヤマ珈琲

コンセプト/イメージ:ログハウス

定番コーヒー:ミヤマブレンド ¥420

親会社など:キーコーヒー

一口メモ:銀座ルノアール系列の郊外展開型チェーン? まだ数店舗しかなくてその存在は知る人ぞ知るという感じみたいですね。他の店舗はどうかわからないが、僕が訪ねた練馬春日町店は、ファミレスより広い駐車場が確保されていましたよ。

公式サイト:http://www.ginza-renoir.co.jp/miyamacoffee/

f:id:roshi02:20160318082245j:plain

 

◆元町珈琲

コンセプト/イメージ:横浜元町をイメージ

定番コーヒー:元町ブレンド ¥450(まとめの一覧表では¥420と誤って表記していますが正しくは元町ブレンドおよびアメリカンコーヒー¥450です)

親会社など:丸紅系ベンチャーキャピタル

一口メモ:愛知・岐阜を中心にフランチャイズ展開。東京では石神井公園にある1店舗のみ。運営会社のスイートスタイルはベーカーリーショップ「モンタボー」を運営。コーヒーにはモンタボーのラスクがつく。店内にはなぜか座敷があり、コーヒー2杯目は半額。

公式サイト:http://motomachi-coffee.jp/

f:id:roshi02:20160311222512j:plain

 

◆喫茶所コメダ珈琲店

コンセプト/イメージ:モーニングとシロノワール

定番コーヒー:ブレンドコーヒー ¥420

親会社など:コメダ

一口メモ;言わずと知れたコメダ。コメダといえば名古屋、名古屋といえばコメダ。おそらく世間一般のイメージとは異なり、店内は音楽といい店員さんの接客態度といい、存外まったりしていて居心地いい。残念ながらシロノワールは未体験。

公式サイト:http://www.komeda.co.jp/index.php

f:id:roshi02:20160325234316j:plain

 

海外のコーヒーチェーン

◆スターバックス

コンセプト/イメージ:シアトル系

定番コーヒー:ドリップコーヒーショート ¥280

親会社など:スターバックスコーヒージャパン

一口メモ:おしゃれなカフェの代表格。いうまでもなく世界規模のコーヒーチェーンで、あっというまに日本中を席巻した。サービスの質には定評がある。

公式サイト:http://www.starbucks.co.jp

f:id:roshi02:20160307222507j:plain

 

◆タリーズ

コンセプト/イメージ:スタバと人気を二分するシアトル系

定番コーヒー:本日のコーヒーショート ¥310

親会社など:タリーズコーヒージャパン 伊藤園

一口メモ:なんだかんだで僕はここのチェーン店がいちばん好きかも。ドトールに次いでよく利用する。

公式サイト:https://www.tullys.co.jp/index.html

f:id:roshi02:20160307222343j:plain

 

◆ブルーボトルコーヒー

コンセプト/イメージ:コーヒー界のアップル

定番コーヒー:ブレンド ¥450

親会社など:ブルーボトルコーヒー

一口メモ:写真は清澄白河店。住宅街のなかにポツンとある倉庫のような建物。おしゃれといえばおしゃれ、無骨といえば無骨、素っ気ないといえば素っ気ない。はたしてスタバのように日本でも大成功となるかどうか?

公式サイト:https://bluebottlecoffee.jp/

f:id:roshi02:20160423195751j:plain

店舗の奥はご覧のとおり。本当の倉庫みたいでしたが、これももちろんデザインのうちでしょうね。

f:id:roshi02:20160423195811j:plain

f:id:roshi02:20160423195824j:plain

 

僕の好きなコーヒーチェーン店ベスト5

gooのランキング編集部が、2015年3月11日~4月10日の一ヶ月間に調査した「好きなコーヒーチェーンランキング」のアンケート結果の集計によると、

第1位 スターバックス
第2位 ドトール
第3位 コメダ珈琲店
第4位 タリーズ
第5位 サンマルクカフェ
第6位 上島珈琲店
第7位 星乃珈琲店
第8位 ルノアール
第9位 ベローチェ
第10位 エクセルシールカフェ

という順になったそうです。

別の調査によれば、やはりスターバックスが女性に圧倒的に支持されているという結果があるそうですね。ちなみに、ちなみにというかこれが本題なのですが、僕が個人的に好きなコーヒーチェーン店ベスト5というのを選んでみたよ。 

第1位 タリーズ

第2位 ドトール

第3位 ベローチェ

第4位 ルノワール

第5位 スターバックス

タリーズの「本日のコーヒー」が僕は好きですね。スタバと同じようにおしゃれなのにスタバほど混んでないところもよい。完全分煙になっている。コーヒー一杯の値段も手頃で、長時間本を読んだりしてくつろげる。ドトールはもっともよく利用する店だ。そこらじゅうにあるから便利といえばこれほど便利なコーヒーチェーン店もない。値段も安いし、つかの間の休憩にはもってこいの店。ベローチェはとにかく安いのがうれしいねえ。あるところには案外たくさん出店している。ルノアールはコーヒー一杯を飲んだあとにも熱いお茶のサービスがつく。昔ながらの喫茶店のようにおしぼりも出てくる。騒々しくないし、値段も高いだけあって、ゆったりくつろげる。スタバはやっぱりおしゃれだよね。それにスタッフのサービスが行き届いているのも利用して気持ちよい。

f:id:roshi02:20160326194330j:plain

 

まとめ

それぞれのチェーン店をまとめて一覧にしたのが以下の表です。クリックすると少しだけ拡大して文字が読めるようになると思います。ただしスマホでは無理みたいですよ。なお、今後の統廃合やコーヒーの値上げにもできるだけ対応していこうとは思いますが、必ずしも約束できるものではありません。(2016.3.8現在) 

f:id:roshi02:20160305194538j:plain

注)元町珈琲の元町ブレンドは¥450の誤りです。

 

 

 

すべては一杯のコーヒーから (新潮文庫)

すべては一杯のコーヒーから (新潮文庫)