読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

されど低糖質な日日

~Ⅱ型糖尿病患者である僕のありふれた毎日~

100均のダイソーで買った温泉たまごつくり器で温泉たまごをつくる

日記

たまごの糖質は1個当たり0.2gほどしかないので、糖質制限の強い味方。僕もスーパーで買うときはまとめて2パック買って、1パックはその日のうちにぜんぶゆで玉子にしてしまう。そうして、サラダに使ったり小腹抑えのおやつ代わりに食べたり、マヨネーズと和えてサンドイッチの具にはさんだりする。

かつてはたまごを食べ過ぎるとコレステロールが高くなると言われたが、いまの研究結果によると、よほどたくさん食べない限りは、たまごとコレステロール値には因果関係はないことがわかったそうだ。なのでますますたまごは、安心して食べられる糖質制限の食材のひとつになった。

というわけで、今回はそのたまごの話からはじめるよ。

 

100円で買える便利グッズ

こんな便利なグッズが100円で買えるのか、それとも100円だから買ったのか。ダイソーで見つけた温泉たまごつくり器。それほどしょっちゅう食べるんじゃなければ、わざわざつくらなくてもスーパーで3個180円くらい(たれつき)で売ってるけどね。ともかく、これで温泉へ行かずとも簡単に温泉たまごが作れる(はず)。 

f:id:roshi02:20151114110919j:plain

パッケージの裏側にていねいにつくり方まで書いてある。

  1. 容器にたまごを割り入れる。
  2. たまごが電子レンジのなかで破裂しないように楊枝で4~5か所穴をあける。
  3. たまご全体がかぶるくらい水を入れる。
  4. 電子レンジで500W50秒加熱する。
  5. 容器のフタを押えて湯きり穴から湯を切れば出来あがり。

f:id:roshi02:20151114110928j:plain

容器はこんな感じ▼

f:id:roshi02:20151114110935j:plain

たまごに楊枝で4~5ヵ所穴を空ける▼

f:id:roshi02:20151114110947j:plain

あっというまに出来あがり。50秒だとこんな感じ。う~ん微妙。半分失敗かなあ。▼

f:id:roshi02:20151114111049j:plain

 

一緒にご飯一合炊き器も買ったのだった

僕が糖質制限でごはんを食べない。上の子もたまに糖質制限でごはん少なめ。下の子とカミさんはダイエット中でやはりごはん少なめ。なので、5合侘炊きの炊飯器では大きすぎるのだ。そこでこんな便利グッズを見つけたので買ってみた。100円だし。

f:id:roshi02:20151114140022j:plain

上フタをあけると中にもフタがあり、便利そうな水切り穴がついている。▼

f:id:roshi02:20151114140028j:plain

お米を1合入れ容器のなかで2~3回研ぐ。中フタを押えながら水切り穴から水を切る。洗米がすんだら最後に水を200ml入れる。▼

f:id:roshi02:20151114140038j:plain

フタをして30分以上お米を水に浸しておく。その様子を横から見たところ。▼

f:id:roshi02:20151114140045j:plain

多少吹きこぼれるので少し深さのある耐熱皿にのせ電子レンジ600Wで5分(500Wの場合は6分)→「弱」か200Wにしてそのまま12分継続加熱する。▼

f:id:roshi02:20151114140056j:plain

炊きあがったら、ごはんを軽くかき混ぜ、もう一度フタをして10分くらい蒸らす。これで完成です。この写真だとあまりおいしそうではないが、カミさんが食べておいしい(でもちょっと硬い)と言ってました。▼

f:id:roshi02:20151114140104j:plain

お米1合で炊きあがりのごはんは茶碗軽く2杯くらいですね。お米を研ぎはじめるところからおよそ1時間かかりました。「玄関開けたら5分でごはん」、の方が圧倒的に早いですが。なにしろ100円ですから(お米代はのぞく)。

 

ゆうべの僕のメニュー

チキンのトマト煮(家族はこれにごはんとチーズを入れてリゾット風にする)。山盛りの大豆ひじき、たまごとうふ入りふわふわスクランブルエッグ。

f:id:roshi02:20151114144445j:plain

 

今日の僕のお昼ごはん

写真めちゃめちゃ暗いですが、いつもの糖質0g麺(丸麺)をレンジで加熱し、S&Bの辛子明太子パスタのもとで和え低糖質納豆をのせる定番メニュー。で、隣にあるのがセブンイレブンで見つけた「若鶏の炭火焼」をレンジで加熱したもの。

f:id:roshi02:20151114145138j:plain

若鶏の炭火焼、税込213円。一緒に買ったサラダチキンハーブ、税込み213円▼

f:id:roshi02:20151114145613j:plain

若鶏の炭火焼の糖質は100g当たり1.3g、一袋もちょうど100gだから全体の糖質も1.3gですね。パスタの横の耐熱容器に盛られた分が全量です。▼

f:id:roshi02:20151114185558j:plain

一方、もはやコンビニで買える糖質制限食の定番サラダチキン(ハーブ)の糖質は0.3g。このセブンイレブンのサラダチキンがいちばん低糖質です。▼

f:id:roshi02:20151114185612j:plain

ついでにこんなものも見つけたので買ってみた。七味唐辛子の小瓶と大きさを比較してください。プレミアムササミスモーク、税込み149円。▼

f:id:roshi02:20151114190325j:plain

裏の成分表はこちら。炭水化物は(糖質)0.6g、味もまあまあのおやつですね。▼

f:id:roshi02:20151114150657j:plain

 

ローソンにも寄ってブランパンを買う

あのブランパンが糖質そのまま、塩分を30%カットした製品を新発売していた。さっき1個食べてみたけど、味の変化まではよくわからん。▼

f:id:roshi02:20151114151005j:plain

で、ローソンと言えばいまこれ! くるみとココナッツのキャラメリゼだ。▼

f:id:roshi02:20151114151259j:plain

1袋ぜんぶ食べても糖質5.4gのお菓子。甘くておいしいですよ。▼

f:id:roshi02:20151114151309j:plain

1袋40gってこんなちょっぴりしかないんだけど、貴重なお菓子なので、食べるのもほんのちょっぴりずつ食べます。▼

f:id:roshi02:20151114151324j:plain

という、ある日の写真日記でした。なんて、すげー下手でテキトーな写真ばかりだけどね。それと僕はふだんあまりコンビニへは行かないのだが、たまに巡回して糖質制限中でも気軽に買えて食べられる食品がないかをチェックする。チキンにしてもお菓子にしても、自分でつくった方がたぶん安上がりだし、安全だとは思うけど、急な外出で困ったときや面倒くさいときは、便利に利用するのも僕はありだと思います。そしてこうしてみなさんにもご紹介できるしね。

あ、今日は「世界糖尿病デー」だそうです。では、また。