読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

されど低糖質な日日

~Ⅱ型糖尿病患者である僕のありふれた毎日~

糖質制限中なのに「メロンパンの皮焼いちゃいました2」を食べちゃいました

糖質制限

そもそも「メロンパンの皮焼いちゃいました2」ってなに?

2というからには、1があったわけで、それはヤマザキパンの「女性社員によるメロンパン開発プロジェクト」から誕生した。ひとりの女性メンバーが発した「メロンパンは皮がおいしい。皮の部分だけ剥がして食べている人もいる」というひとことから商品化されたもの。

2014年10月にエリア限定で発売されるやいなや、ツイッターなどで話題が急速に広まり、急きょ販売エリアを全国に拡大して、現在までに定番商品として定着した。そして1に改良を加え、2015年11月1日、満を持してその第2弾が発売された。(「山崎製パン オフィシャルサイト」より)

f:id:roshi02:20151108082951j:plain

 

 糖質制限的には完全にNG商品だが

ご覧のとおり、炭水化物(糖質)39.0gは完全に糖質制限的にはNG商品だ。ちなみに、ヤマザキパンから出ているふつうのメロンパンの1包装当たりの炭水化物(糖質)は64.9gだから、まあそれに比べたら約半分強ということになるのだが。あまり慰めにはならないですね。

f:id:roshi02:20151108083003j:plain

実は僕は糖尿病を言い渡される前までは、メロンパンが大好きだったのだ。ご多分に漏れず、サクサクの皮の部分にはことさら目がなかった。なので、うちのカミさんがスーパーで何の気なしに買ってきたこの「メロンパンの皮焼いちゃいました2」(長いので以下、メロ皮2と略す)がどうしても食べたくて、自ら禁を犯してしまった。

といっても、もちろん1袋ぜんぶ食べたわけじゃないよ。ほんの一欠片もらって口にしただけ。糖質にして10分の1もいかないくらいの量。そしてだいたい想像はついたけど、パンの皮というよりまぎれもなくクッキーでしたね。

「メロ皮2」を食べた感想

正直に言うと、僕はちょっと期待外れだったかな。いやいやいや、おいしいはおいしい! もうそれは間違いない。なんだけど、やっぱりメロンパンの皮は、あのメロンパンのふんわりしたパン生地の部分があってこそのサクサクのメロンパンの皮というか。そういうミモフタモナイ感想を抱いてしまった。

鮭もあのほんのりピンク色の引き締まった身の部分があってこそのこんがり焼けた鮭の皮というか、AKB48も渡辺麻友さんや柏木由紀さんや松井珠理奈さんがいてこその指原莉乃さんというか、なんちゅうかね。

すみません、よけいなこと書きました。

 

糖質制限的に皮はくせもの

まあ皮にかぎらずメロンパンの場合は、薄力粉(強力粉)とたっぷりの砂糖でパン生地もクッキー生地もつくられるのだろうから別としても、たとえばみんな大好き餃子の皮も、同じように強力粉や薄力粉をこねて寝かして延ばしてつくる。

なので具材は糖質制限的にOKなのに、皮がNGだから、餃子全体として糖質制限NG食品ということになってしまうのだ。惜しいです。でも実際にはそこまで神経質にならず、僕は1個か2個程度ならあまり気にせず食べてますけどね。

感心なことに、この餃子の皮もちゃんと大豆粉からつくっている人がいる。世の中にはえらい人がいるなあと思って。うちは、さすがにそこまでは徹底できなくて、ネットを探して見つけたレシピで餃子の皮を油揚げで代用し、具材を包み込んで焼く。これホントおいしいから試してみてください。

あと、鶏のから揚げの皮もパリパリサクサクでおいしいですよね。僕のために小麦粉もパン粉もNGのわが家では、鶏から揚げは、大豆粉かおからパウダーを軽くまぶして、揚げるというより少しの油で焼くという感じになるのだ。

 

皮はやみつきになる

そんなふうにして食べても油揚げ餃子の皮の部分は(油揚げなんだけど)パリッとしておいしいし、鶏のから揚げの皮の部分もやっぱりおいしい。

だからメロ皮に人気がでるのは十分頷けることなのだ。カステラの皮(というか紙)のところも慎重に剥がしてこさぐように食べるとめっちゃおいしい。鮭の皮はお茶漬けと一緒に食べたらおいしい。鶏皮の塩焼きだったら、糖質制限でも食べられるおいしい皮だ。

f:id:roshi02:20151108082951j:plain

というわけで、ヤマザキパンから発売されたばかりの「メロ皮2」、見つけたらぜひ買って食べてみてください。ただし、糖質制限中の方はくれぐれも食べる量に気をつけてくださいね。

あ、ちなみに、ヤマザキパンではこの夏の菓子パン人気投票の結果をサイト上で発表していて、本家のメロンパンはなんと全体の27位という実に微妙な、というか人気ないじゃん、という結果に終わっているようだ。