読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

されど低糖質な日日

~Ⅱ型糖尿病患者である僕のありふれた毎日~

今年の花も見納めかもね

花曇りの休日、目黒川でお花見散歩 春の嵐で手遅れにならないうちにと思い、休日を利用して先日、目黒川(桜まつり)のお花見に行ってきた。予定では池尻大橋から目黒不動あたりまで川沿いをぶらぶら散歩するつもりでいたが、平日の昼間だというのにあまりの…

自分を実際以上に大きく見せたり飾り立てたりしてませんか?

僕のようなおじさんが、よそのおじさんのことをなんと呼ぶか問題について考えてみた 僕のようなおじさんが、よそのおじさんをつかまえて「あのおじさん」などと呼んだり、同年輩の人たちのことを十把一絡げにして「おじさんたち」ということに対して、僕には…

思い出のオムライス

「かきまぜ」というのは、四国徳島の郷土料理でまぜずしのことだ。このかきまぜが、庄野潤三の小説には必ずといっていいほど登場する。庄野のお父さんお母さんが徳島の出身で、潤三と結婚した奥さんはお義母さんから作り方を教わり、以来、父母の命日やお盆…

こころのよるべ~西郷隆盛とリア王とキャプテン谷口くんの話

西郷隆盛のウソのようなホントのような逸話 僕が歴史上の人物でもっとも敬愛する西郷隆盛の逸話です。ある日、朝早くごはんを済ませて西郷(隆盛)が出かけたあと、弟の従道が起きてきて朝ごはんを食べようとすると、みそ汁がだし汁だけで味噌が入っていなか…

日本の主要コーヒーチェーン20のなかで僕の好きなチェーン店ベスト5

糖質制限をしていると、外出先での飲み物といえば、僕の場合水やお茶を別にしてほぼコーヒー一択。なので疲れてちょっと一休みしたいときには、迷わずコーヒーチェーン店に入るわけだが、もともとコーヒー大好きなのでそれでもいっこう困らない。その日の気…

好きな文章を書く人と面白いとかつまらないという話

好きな文章を書く人 作家の書いた小説やエッセイ、インターネット上のブログなどを読んでいて、ときどきふと思うのは、別に内容が面白いから読んでるんじゃないんだよなあということです。極論をいってしまうと、内容なんかどうでもいい。むろん、小説ならば…

新作が出たら絶対見たい3人の映画監督について僕が知っている二、三の事柄

「おすすめの映画監督」について僕も走り書き程度に何か書いてみますね。というか「新作がでたら絶対見たい3人の映画監督」についてです。まず一人目はフランソワ・トリュフォーです。シネフィルのみなさんならご存知のように、ジャン=リュック・ゴダールさ…

糖質制限は危ないのか(桐山秀樹さんの急死)?!

『週間文春』に掲載された吉村祐美さんの証言 今週発売の『週間文春』(3月3日号)はもうご覧になっただろうか。ベッキーさんの不倫騒動や清原さんの薬物疑惑(疑惑ではなくなったが)、甘利元経済再生大臣の政治と金の問題にはそれほど関心があるとは言えな…

食べものを残すのはそんなにいけないことですか? あるいは「ライスなし」と注文するのはそんなに恥ずかしいですか? 困難ですか?

本は最後まで読むか途中でやめるか? 本を最後まで読むタイプか、面白くなければ途中でやめるタイプかといえば、僕は断然最後まで読むタイプです。むろん、面白い面白くないというのは、あくまで個人的な感想ですが。どんなに面白くなくても絶対やめないとい…

最強のレジスタントスターチは冷めた炒飯である

餃子の取り分 僕がまだ糖尿病になって糖質制限と出会う前の話だ。あるいは既に糖尿病であったにもかかわらず、それを自覚していなかったころの、または薄々感づいていたくせにそのことから避けてとおっていたころをただ懐かしむだけのバカ話だと思って読んで…

近ごろの医者はなぜ聴診器を使わないのか触診をしないのか?

「痛かったら手を上げてください」という歯医者さん 歯医者さんへ行っていつも思うのは、さあいよいよ治療がはじまるぞというときに、「痛かったら手を上げてください」とドラマやコントみたいなことを先生はほんとうにいうのだということだ。だいいち、そう…

東京に上京したのだ

やらないでする後悔よりやってする後悔のほうが…… やらないでする後悔よりやってする後悔のほうがマシ、とはよくいいますね。でもこれほんとうにそうかなあ、とちょっと疑問に思うこともあって、ふつうに考えれば、「やっぱりやめときゃよかったなあ」という…

2月になると思い出す話

ハヤシライスとカツ丼の話 僕の父親と母親が(自分たちがいうには)運命的な出会いをし、交際をはじめたころの話だ。戦後とはいえ、まだいまのようにお金さえ出せばなんでも買えるほど物資が豊かではないころ。それでも父親の実家は商売をやっていた関係で、…

『フラニーとズーイ』に学ぶ糖質制限を継続する極意

人間が一人前になるために必要などれか3つのこと たしか高校生のころだったと思う。社会学者の加藤諦三さんの本をむさぼるように読んだ一時期があった。そのなかで、誰かエライ人の言葉だと紹介されていた気がするが(てきとー)、「人間が一人前になるには…

エリンギの気持ち

納豆は好きだが、しいたけは苦手 「関西以西の人は、納豆が食べられないんでしょ?」以前は誰かと食べものの話をしていて、僕の生まれが九州だと知ると、ほんとうにこれはよくされた質問だが、そんなことはないよ。僕は納豆大好きでほとんど毎日食べている。…

糖尿病網膜症から本が読める目を守りたい

カフェアメリカ―ノというのがあやしい 池袋のいまの三省堂がある場所にかつてまだリブロがあったころの話だから、そんな遠い昔のことというわけではない。リブロは(三省堂も)建物の構造上フロアが何ヵ所か分散されていた。その連絡通路の一画にあったオー…

『糖質制限の真実』を読んで

栄養学の10年前の常識が今の非常識である こういう本を読んで僕が真っ先に思い浮かべることは、本の内容云々はともかく、栄養学に限らずどんな世界・学問にでも間違った常識が世間一般にあまねく伝播し、それをまた金科玉条のごとく崇める専門家によって実に…

日常と非日常のあいまいな境界線

今年はじめての積雪があった 今朝、東京都心でも今年はじめての積雪があった。最大6センチに達したという。うちあたりは都心から若干離れているので、もう少し雪は深く、歩くとズポッと靴が埋まるくらい積もっていた。そして例によって首都圏の鉄道各線は、…

人生の黄昏

映画を見るため渋谷へ出たついでに、東急ハンズでかねてから欲しかったパン切りナイフを買う。文字どおりナイフを懐に忍ばせながら映画を見て、そのあとコーヒーショップに立ち寄り、映画を見たあと特有の少し昂った気持ちのほとぼりを冷ます。そこのコーヒ…

コミュニケーションの難しさについて

インターネットをのぞいていると、ときどき自分が思いもよらなかった他人の意見や感情に出会って驚かされることがある。たとえば、飲食店で食べたり飲んだりして店を出るとき、「ごちそうさま」ということに抵抗がある、という人の意見がある。「ふ~ん、世…

日曜日の夜のカレーライス

お正月もおわり、また日常生活が戻ってきた。「おせちもいいけどカレーもね」というのはもはや死語ならぬ死コピーだろうけれど、今回は糖質制限の敵といってもいいと思うカレーライスの話を。 もう大昔の話になるが、大学受験に失敗して、一年間だけ予備校に…

コーヒーとタバコ

コーヒーについていろいろ書きたくなることがある。お酒をのまない僕は、コーヒーにはちょっとうるさい。ということはなくて、ほんとうはただのコーヒー好き。といっても、銘柄にとくべつこだわりがあるわけでもない。ふだん家でのむのはブレンドだし、外で…

メトグルコを止めることができました

最近はなかなか思うようにブログの更新もできず、フラストレーションを溜めこんでいるかもしれない。そしてブログ以外のことでもやはりストレスを溜めることが多々あり、そのせいかどうか、日日の糖質制限も少し緩みがちですね。 糖尿病と診断されて以来、こ…

糖尿病の母親に僕ができるアドバイスはあるだろうか?

田舎に一人で住む母親から電話があった。月曜日からしばらく入院することになったから、という。聞くと、僕と同じやはり糖尿病を抱える母親は、いま現在血糖値が400もあり、主治医の先生からこのまま放っておくと命の保障ができないよ、とたしなめられたそう…

2年縛りの契約月以外の解約で発生する違約金はやはり釈然としない

ドコモ光スマホ割りってどうなんだろう? 先日、下の子のスマホの修理にドコモショップへ行ったら、ついでにドコモ光スマホ割りというのを勧められた。あまり熱心に勧めるので、うちのプランの場合の料金シミュレーションをやってもらったところ、月々わずか…

糖質制限的男子弁当

糖質制限のベーコンエッグバーガー あははは、男子って歳ではまったくないですけどね、ともかく糖質制限ランチなのだ。毎日の夕飯の献立もそうだけど、ランチ、つまりお弁当にはない頭をよけい悩ませている。そこでいちばん簡単なのが、大豆粉のパンでつくる…

白内障手術の後遺症

糖尿病性網膜症で失明の危機! もう何度も書いているが、4年前のいまごろ僕は、糖尿病とともに合併症である糖尿病性網膜症であることがわかり、同時に失明の危機をも告げられた。ただちに大学病院の眼科医にかかり、網膜光凝固術というレーザー手術を、両目…

糖質制限丸パンを焼きながら糖尿病という名前について考えてみた

ずいぶんと更新間隔が空いてしまった。空いたけどべつに飽いたわけではありませんので。なんていうどうでもいい話はともかく、きょうは少し「糖尿病」という名前について、僕の思うところを書きたいと思います。 森永の低糖質プリンを買って食べてみた ま、…

チアシード~奇跡の健康食材

このエントリーを書こうかどうしようか本当は迷ったのだ。ただでさえ糖質制限だの食品成分表だのトランス脂肪酸だのと、健康関連のネタばかり投下して、僕のことそうとうな健康オタクだと誤解されるのもイヤだなあと思ったから。それに、ちょっと「いまさら…

白いドトールとケア(介護)ローソン

なぜ気づいたらドトールを選んでしまうのか? 上阪徹さんの『なぜ気づいたらドトールを選んでしまうのか?』という本を読んだ。1杯100円のコンビニコーヒーの登場でも、結果的には、コンビニ内で売れていた飲料が影響を受けただけで、ドトールにはまったく影…

KALDIのコーヒー試飲はブラックを頼める

KALDIかドン・キホーテかというくらいの高揚感 KALDI(カルディコーヒーファーム)は、株式会社キャメル珈琲が展開するコーヒー豆や輸入食材などを扱うショップです。店内はドン・キホーテなみにゴチャゴチャして商品がうず高く積まれ、通路では人とすれ違う…

マヨネーズを手づくりする

がんばって書いたエントリーにコメントをいただくのはうれしい 昨日の「コーヒー牛乳はコーヒーか牛乳か?」のエントリーに、うれしいことに珍しくコメントをいただいた。 roshi02.hatenablog.com ぼくが好んで使っているマヨネーズは、ちょっと前まで日本の…

コーヒー牛乳はコーヒーか牛乳か?

コーヒー牛乳はコーヒーか牛乳か? いつにもましてくだらないことを書くが、僕らが子どものころから「コーヒー牛乳」はコーヒーか牛乳か、みたいな論争(ってほどのことでもない)があった。カレーライスかライスカレーか、みたいなことと同じで、なかにはも…

結局、生きたようにしか生きられなかったということ

「大人しいね = おもしろくないね」というレッテル貼り kondoblog.hatenablog.com こいうエントリー読んでみたんだけど、みんなそれなりに生きるの苦労してるんだなあと思って。大人しい物静かな人も、とにかく明るく元気な人も、その中間の人もみんな、きっ…

トランス脂肪酸と動脈硬化について

阿藤快さんが亡くなった 先ごろ、テレビのグルメ番組のレポーターとしても知られる、俳優の阿藤快さん(69)が亡くなった。発表された死因は、大動脈瘤破裂胸腔内出血。これは、動物性脂肪分やアルコールの過剰摂取、喫煙などによる動脈硬化が原因だと言われ…

「食品表示の罠」を検証する

山中裕美さんの『食品表示の罠』を読んだ感想 山中裕美さんの『食品表示の罠』という本を読んだ。スーパーやコンビニで売られている食品に記載されている成分表をつぶさに見ていくと、その裏側に隠された本当の意味や問題点があることがわかってくるよ、とい…

糖質制限でも食べられる富澤商店のふすまパンミックスで焼くふすまパン(随時アレンジしています)

とある休日の昼食 油揚げのピザ。開いた油揚げ(油抜き不要)に市販のピザソースを薄くぬり、ハム、ピーマン、ピザ用チーズ、マヨネーズ。オーブントースターにアルミを敷きチーズが溶けるまで焼く(だいたい5分)。紀文糖質0g麺(丸麺)の納豆辛子明太子パ…

面白いブログってなんだ?!

このブログをはじめて1ヶ月が過ぎた。自分の持病である糖尿病のことや、その治療で出逢った糖質制限のことを、あれも書こうこれも書きたいと思っていたのに、いざ書きだしてみると案外書けることは限られて、なんだか同じことばかりくり返し書いてきた気がす…

100均のダイソーで買った温泉たまごつくり器で温泉たまごをつくる

たまごの糖質は1個当たり0.2gほどしかないので、糖質制限の強い味方。僕もスーパーで買うときはまとめて2パック買って、1パックはその日のうちにぜんぶゆで玉子にしてしまう。そうして、サラダに使ったり小腹抑えのおやつ代わりに食べたり、マヨネーズと和え…

「バランスのよい食事を」と言われるのが苦痛でしょうがない

なぜバランスの良い食事が推奨されるのか いまの糖尿病を診てもらってる大学病院の先生は、僕の糖質制限食に理解がある先生だからいいけれど、そうじゃない先生の場合は、一笑に付される感じか、せいぜい「バランスの良い食事を心がけなさい」と言われるかの…

意外と糖質が高い食品10選

ダイエットなどの影響で、糖質制限という言葉自体は世間に急速に広まり、スーパーやコンビニで買える食品のなかで、どういうものが糖質が高いのか、という知識もだいぶ一般的になってきた。そこで今回は、糖尿病を患い、その治療法として糖質制限食事療法を…

5本指くつした以外はけない!

世界に一つだけの指 僕のくつしたは、いつのまにか冠婚葬祭用と冬の防寒用ソックスをのぞいて、あとはすべて5本指になった。はじめてカミさんが5本指くつしたを買ってきたときは、ええーっ! と驚いてこんな面倒なもの毎日はくのはいやだなあと思ったという…

ノバク・ジョコビッチの「生まれ変わる食事」を読んだ

大切なことはたったひとつだけ この本のなかに書かれていることは読み物としてとっても面白いのは言うまでもないが、僕にとって大切なことはたったひとつだけだった。逆に言うと、そのたったひとつのことが再認識できただけで十分だった。もったいぶらずに言…

英語学習はduolingoで基礎の基礎から

いつも糖尿病だ糖質制限だとばかり書いていても疲れてしまうので、たまには新鮮な空気を入れる意味でも、今日は英語学習について書きます。 duolingoってなに? ちょうどこのブログをはじめるのと同じころ、僕は英語の勉強をはじめた。NHKのラジオテキストで…

糖質制限ラーメンと糖質制限カレーうどんと大豆粉抹茶蒸しパンをつくる

今日は早くも立冬ですね。まあそんなこととは関係なく、昨日土曜日の昼ごはんと今日のお昼ごはんをいつものように。 糖質制限とんこつラーメンをつくる 土曜日は、近所のスーパーで見つけた「糖質制限カロリーOFF麺」というこんにゃく麺を使ってとんこつラー…

糖質制限中なのに「メロンパンの皮焼いちゃいました2」を食べちゃいました

そもそも「メロンパンの皮焼いちゃいました2」ってなに? 2というからには、1があったわけで、それはヤマザキパンの「女性社員によるメロンパン開発プロジェクト」から誕生した。ひとりの女性メンバーが発した「メロンパンは皮がおいしい。皮の部分だけ剥が…

僕について、このブログについて(4年間で変わったこと、変わらないこと)

このブログは、はてなブログで書いています。このたびはてなブログが4周年を迎えたそうです。おめでとうございます。というわけで、はてなブログ4周年!ありがとうキャンペーンの「4年間で変わったこと、変わらないこと」というテーマでなにか書いてみます。…

大豆粉でつくる計量いらず超簡単それなりにウマい糖質制限紅茶蒸しパン

前回の、大豆粉でつくる計量いらず超簡単それなりにウマい糖質制限蒸しパンが意外と好評だったので、調子にのって今回は紅茶バージョンをつくるよ。 roshi02.hatenablog.com 笑っちゃうけど材料とレシピ 材料やレシピは、なんとピュアココアバージョンや抹茶…

人工甘味料のキシリトールは犬にとってチョコの100倍も危険

ウォールストリート・ジャーナル日本版の記事によれば、犬にはチョコよりもキシリトールの方が100倍も危険なのだそうだ。犬にはチョコより危険なキシリトール - WSJ 愛犬が昏睡状態に陥る 記事によると、米ノースカロライナ州に住むトニア・コックスさんが飼…

油揚げでつくる超簡単それなりにウマい糖質制限ピザと煎餅

糖質制限でも食べられるピザのレシピです。もちろんふつうのピザ生地は使えないので、代わりに油揚げを使います。今回もあり合わせの材料で、しかも超簡単ですよ。 ありあわせの材料で 油揚げ:1枚 ハムもしくはウインナー:適量 ピーマン(お好みで):適量…