されど低糖質な日日

~Ⅱ型糖尿病患者のありふれた日常~

夏がくるとまた読み返したくなるとっておきのおすすめ本5選

7月になりまもなく梅雨があけるといよいよ本格的な夏がやってくる。暑い夏に適度に冷房の効いた部屋のソファに寝転がってアイスコーヒーなんかかたわらにして本を読む。そのままついついうたた寝してしまうこともあれば興がのって最後まで本を読み切ってしま…

有給休暇

いまは3ヶ月に一度になった今日は糖尿病の定期健診の日。会社には通院ということで有給休暇をもらった。午後に家を出て電車とバスを乗り継ぎいつもの大学病院へ。到着後すぐさま採血・採尿を済ませ結果が出るまでの1時間余りを病院の待合室で過ごす。今日の…

僕が考える読書感想文の書き方~あらすじと自分語りについて

このようなブログを読んだ。 www.kinakoneko.com 読書感想文の書き方についての内容だった。ここに登場する先生のアドバイスはわかりやすく、なるほどそういうふうに書けば多くの人の共感を得られるのか、と感心した。ご本人は苦手であると謙遜するが、猫野…

小さな成功体験を積み重ねるのは大きな成功のための手段ではなく、むしろそのことじたいが目的であるという考え

いきなり今回のエントリの結論になるが、これ以上でもこれ以下でもなくタイトルどおりのことを近ごろの僕は考え意識して実行するようにしている。小さな成功体験を積み重ねるのは大きな成功のための手段ではなく、むしろそのことじたいが目的であるという考…

俺、自分になら負けてもいいけどなあ~『じゅん散歩』高田純次さんの名言

たまにはテレビのことなども。といっても目下僕が熱心に見ているのは、日曜夜の『おんな城主直虎』とその余勢をかって『小さな巨人』くらい。平日は夜ごはんを食べながら『ニュースウオッチ9』を見るくらいがせいぜいだ。あとは、スポーツ中継や他の家族が見…

決め手に欠く豚冷しゃぶのタレは結局どれが正解なのか? 問題を考える

梅雨入りを前にして東京でも早くも30℃を超える暑さの日がある。ましてこれから本格的に暑い夏を迎えるにあたり、悩むのが毎晩の食事のメニューだが、冬場の食卓がほぼ鍋一択であるように、夏はこれはもうなんといっても豚冷しゃぶ一択でいいんじゃないか、と…

『劇場』(又吉直樹)を読んで結末ネタバレありの感想書きました/でもこれ恋愛小説ちゃうねんで

又吉直樹さんの『劇場』を読んだ。発表当初から「恋愛小説」という触れ込みだったが、苦しくて苦しくて僕はどうしてもこれを恋愛小説としては読めず、いっそ途中で自分をその呪縛から解放してやると、あとは案外楽に読めるようになった。そうして最後の一行…

『火花』(又吉直樹)を読んだ感想(あらすじはないけど結末のネタバレあります)

『火花』を読んだ。芥川賞を受賞した、芸人・又吉直樹さんのデビュー作だ。話題になったのがもう2年も前だというのに、いまだ余韻がくすぶっていた。このたび文庫化され、さらに第2作『劇場』が発売されたことにより、燃えさしの火に再び大量の燃料が投下さ…

僕もとうとう「がま口財布男子」になった!

突然ですが、みなさんはどんな小銭入れを持っていますか? そもそもお財布は札と小銭入れを別々に持っていますか? 僕は基本、お札はマネークリップで、小銭は小銭入れに入れて持ち歩いています。ちなみにカード類はまとめてパスケースです。さてマネークリ…

『騎士団長殺し』(村上春樹)を読んだ感想というほどではあらないないけれどそういうの(第2部 遷ろうメタファー編まで読んで)追記:『村上春樹「騎士団長殺し」メッタ斬り!』まで読んだ

これは僕が村上春樹さんの『騎士団長殺し』を読んで感じたことをただ好き勝手に書いただけのきわめて偏狭なものなので、あらすじなどを知りたい諸君はぜひ別のサイトを検索してみたまえ。なお決してネタバレを意図したものではあらないが、そういうふうに思…

村上春樹さんの『騎士団長殺し』(第1部 顕れるイデア編)を読んだ感想というほどでもないけどそういうの

はじめに:ネタバレというほどのネタバレはありませんし、まだ第1部の話なので第2部になって話がどう展開するのかもちろん僕自身も何も知らずに書いていることですから。 騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: 新潮社 発売日…

2016年買ってよかったもの~僕はAmazonで便座を買ってプライム会員になった

もはやなんのひねりもなくまさにタイトルそのまんまである。あえて言い換えるなら2016年に買ってよかったものベスト1はAmazonで買った便座ということだ。あるいはわがオンボロ住居の取りつけてから(便器だけに)ウン十年という経年劣化によって割れた便座を…

RIZAPファミマのブランロールとローソンのブランパンを徹底比較してみた

RIZAPとファミマのコラボ企画誕生! 11月22日。あの“結果にコミットする”で一躍有名になったRIZAP(ライザップ)とファミリーマートのコラボ企画として、手軽に糖質オフできるパンやデザート、お菓子、飲料などの商品の販売が開始された。パンは、ハムチーズ…

ゴッホとゴーギャン展、そして初雪

もう先週の金曜日のことになる。東京都美術館で開催中の『ゴッホとゴーギャン展』に行ってきた。南仏アルルでおよそ2か月間の共同生活をしていたことでも知られるゴッホとゴーギャン。だが意外にも2人の画家を並べた展覧会というのは日本初の試みなのだとか…

そもそも手帳って必要なの?

あっという間に11月になり、そろそろ来年のカレンダーや手帳が話題になってきた。手帳といって僕がまっさきに思い浮かべるのは『舞踏会の手帖』という戦前のフランス映画のことだ。未亡人となった若い女性がはじめて出た舞踏会の手帖を頼りに、昔いっしょに…

トランプとネックウォーマー(アホみたいに長いアメリカ大統領選挙)

アメリカ大統領選挙がようやく終わり、トランプさんがヒラリーさんとの接戦を制し第45代大統領に就任することが決定した模様。けれどしょせん他所の国のことであり、それほど興味があったわけでもトランプとヒラリーどちらかに熱心に肩入れしていたわけでも…

あのころの未来に僕らはいま立っているのかなあ?

■某月某日僕の第ウン十ウン回目の誕生日。さすがにこの歳にもなると、その日が誕生日だってことを事前にアピールするのも厚かましい気がするし、かといってシレっと忘れたふりを貫きとおすほど神経も図太くないので、家族がいざ夜ごはんを兼ねたささやかな誕…

その「大丈夫ですか?」に少しイラっとする

「見られる」を「見れる」と言う「ら」抜き言葉や、「○○させていただく」のような「さ」入れ言葉に代表される、いわゆる日本語の乱れがひところかしましく叫ばれていたが、昨今ではそれも容認する風潮にある。あるいは、「ご注文は以上でよろしかったでしょ…

ダイエットにも最適! 富澤商店のふすまパンミックスで作る計量いらずで超簡単それなりに美味しい糖質制限蒸しパン

秋も深まると人は無性に蒸しパンが恋くなる(はず)。けれど、糖質たっぷりの小麦粉と砂糖で作られた蒸しパンは、糖質制限的にもダイエットにも大敵。ちなみにパスコの「たっぷりさつまいも蒸しパン」1個当たりの炭水化物は68.8g、ヤマザキの「北海道チーズ…

海外で人気! 低糖質でグルテンフリー&ダイエットにも最適と話題のクラウドブレッドを焼いてみた

SNSなどで話題のクラウドブレッドとはなにか? 海外のセレブたちのあいだで大人気だというクラウドブレッドを、セレブでもなんでもない僕が焼いてみた。クラウドブレッドを直訳すると雲パン。それじゃあいくらなんでもあんまりだけど、要するにまあ「雲のよ…

糖尿病になって後悔している改めておくべきだった生活習慣

ついこの間まであち”-あち”-と騒いでいたのになんだこの寒さ。まだそれでも日中は秋晴れの清々しい陽気だったりもするが、朝晩はホント寒いよね。思わずズボン下引っ張り出してきて穿いてますし、なんならこたつ出したいくらいだ。どうやらこのまま冬へま…

女性のズボンのチャックが全開していたらそれを相手に教えてあげるべきだろうか?

水曜日。午後のうっつら眠くなる時間帯を襲った1時間あまりに及ぶ東京大停電。あとからわかったことだが、都内に電気を供給する埼玉県の無人変電所の地下施設内での火災が原因だったらしい。すわテロか、と職場でも一時騒然となった。結果は自然発火による火…

築地市場の豊洲移転問題は夫婦関係を悪化させる

朝の情報番組でやってた築地市場の豊洲移転問題を見ながら僕が、「これもういい加減飽きたよなあ」と正直なところを呟くと間髪を入れずカミさんが、「そんなことないわよ。大事な問題なんだからもっと徹底的にやるべきよ」と言い返してきた。カミさんは東京…

平易なのに読めない漢字ベスト10

「躊躇(ちゅうちょ)」とか「薔薇(ばら)」とか「檸檬(れもん)」というアホみたいに画数の多い漢字を、辞書も見ずにさらさらと書ける人は実にかっこいい。「侃侃諤諤(かんかんがくがく)」とかね、なんだか火星人と金星人が連なって歩いているような四…

モクセイ地図と運動会のリレー選手

気がついたらあともう3ヶ月で今年もおわる。仕事のシフト表の時間にあわせて玄関を一歩出たとたん、「あ、キンモクセイだ」とわかるくらいの甘い香りが漂ってくる。近くのマンションの、ふだんはただの生垣ぐらいにしか思っていなかったところが、下の方にオ…

『ロッキー』シリーズを一度も見たことがない人が世の中にはいるのだという衝撃(ネタバレ注意)

若い人と映画の話をしていたら、これまで劇場やテレビやDVDなどで『ロッキー』シリーズのどれかひとつでも一度として見たことがない、という人がいて衝撃を受けた。けれどまあ、その人もなんとなくストーリーは知っているという。『ロッキー』という映画は新…

もらとりあむ

40代後半でいまの会社に転職してきた人と、仕事の休憩時間に話す機会があった。その人が言うには、自分はバツイチで子どももいない。前の奥さんと別れたあとつきあっていた女性がいたころはそうでもなかったけれど、その彼女とも別れ、いまはひとりっきりで…

自業自得で糖尿病患者になった僕もいずれ殺され運命にあるのだろうか?

このところ他人のふんどし的な記事ばかりで恐縮だが、今回もいま話題なっているこのブログを読んでみた。はっきり言って、この手のブログは精神衛生上スルーするに限ると思うんだけどね。 blog.livedoor.jp その腎機能の低下を招く原因とは一体何なのでしょ…

子どもの泣き声がうるさいと隣人に怒鳴られた話なら、かつて僕ら夫婦にだってあり、むしろ僕は逆ギレしたけどね

www.lili-hack.com 上記リンク先の記事を読んだ。あえて被害にあわれた方(という言い方するけど、あ、ちなみにブログ主の方ね)にはお気の毒という他ないが、もう二十年以上前、僕ら夫婦にも似たような経験があったので、その当時を懐かしく思い出した。ま…

非正規の図書館司書という官製貧困(ワーキングプア)に苦しむ女性についての記事を読んで自分の感情を整理するために問題点を7つ書きだしてみた

正直いうとふだんはこういう記事、読むとせつなくなったり腹が立ったりすることが多いのでめったに読まないようにしてるんだけど、なんかしらんが今朝ホントたまたま読んでしまって、案の定すごくせつなくなって胸がしめつけられるように痛んだ。自業自得だ…